Tシャツの汗臭さが取れない!お勧めの洗濯術とは!?

良く汗をかく方にとって悩みの種となりがちなのが、Tシャツにしみついてしまった臭いです。毎回しっかりと洗っているつもりでも、臭いが十分に取れないということも少なくありませんが、そういった場合には洗濯の方法を見直してみることが大切です。
洗濯しても汗臭い状態が解消されない大きな原因は、表面的な汚れが落ちても菌が残ってしまっていることにあります。菌が残っている所に再び汗をかくことで、どんどん臭いがしみついて落ちない状態になってしまいますが、その解消の為の洗濯術としてまず挙げられるのが、浸け置きをすることです。酸素系の漂白剤を40度程度のお湯で薄め、30分以上浸け置きをしてから通常通りの洗濯をすることで、頑固にしみついた汚れを落とすことができます。
酸素系の漂白剤で浸け置きをする際に必ず注意しなければならないのが、商品の説明をしっかりと読んで使用方法を守るということです。せっかく臭いが取れても、大切なTシャツがダメになってしまっては意味が無いので、決められた分量などを厳守しましょう。また、漂白剤ではなく、重曹での浸け置きも臭い対策として有効です。こちらも基本的に30分程度の浸け置きが目安ですが、汗の臭いが頑固で落ちない場合には一晩浸けておくのも良いでしょう。
そして、家庭にあるものでできる洗濯術としては、シャンプーで手洗いをするのも効果的な方法です。繰り返し手洗いをすることで汗や脂の臭いを落とすことができるので、漂白剤や重曹が無い場合には試してみるのもおすすめです。
Tシャツに嫌な臭いを残さない為には、洗濯だけでなく干し方も大切なポイントとなります。せっかく綺麗に洗濯をしても、生乾きの状態で放置しては雑菌が繁殖して臭いが発生してしまいます。雑菌を繁殖させない為には、素早く乾かすことが重要です。特に室内干しの場合は生乾きになってしまいやすいので、可能な限り風通しを確保して早く乾かすようにしましょう。

 

トップページへ