汗臭い服!もしかしてワキガの可能性も?

ワキガかどうかに関係なく、基本的に汗が服に付着した場合は汗臭い匂いがします。体質的に汗をかきづらい人もいて、そういった体質の人はあまり汗くさいにおいがしません。ただ、よほど体質が整っている状態の人でない限り、大なり小なりにおいがすることは避けられません。

 

日本人の認識では、ある種の公害とも言われる「わきが」ですが、欧米諸国などを見てみると「むしろにおいがする方が普通」です。体質的に日本人はわきが体質の人が極端に少なく、特異な体質という認識を持たれています。しかし、海外では体質を持っている人がたくさんいるので、不快感を感じること自体がありません。

 

わきがの原因は、「アポクリン汗腺から分泌されるアポクリン汗」です。アポクリン汗が皮膚常在菌の繁殖を促進し、それによって悪臭が発生します。アポクリン汗腺の数は人によって違うため、アポクリン汗の分泌が多い人と少ない人がいます。

 

基本的にはアポクリン汗の分泌が多いほどわきがになる可能性が高いですが、アポクリン汗腺自体が少ない人でもその他もろもろの要因によって強い悪臭を発することもあります。自身がわきがであるかどうかを判断するポイントとして、「衣服の変色」が挙げられます。100%見抜けるというわけではありませんが、わきの部分が変色している場合はわきがの症状を疑った方が良いでしょう。

 

わきが臭の発生を抑制する対処方法として、「清潔に保つ」というのが一番簡単です。手術などでアポクリン汗腺を除去してしまったり、ボトックス注射などで汗の分泌自体を抑制してしまう方法もあります。皮膚常在菌の量も個人差がありますが、いずれか一方の比率を下げることができれば予防につながります。

 

衣服の洗濯を頻繁に行い、汗をかいた後にすぐ体をふく、お風呂でしっかりと体を洗うなどの対策をするだけでも効果が期待できます。また、アポクリン汗腺は特定の場所に多く存在してるので、わきが体質の人は「裾ワキガ」にも注意しましょう。

 

トップページへ