子供のワキガ治療って大丈夫!?

ワキガは年齢を問わず発生してしまいます。治療も様々にありますが特に子供のワキガはどう治療すれば良いか悩む親も多いです。重症度によって方法も異なりますが手術適応レベルの子供もいることもあります。しかし子供の間はあまり行わない方が良いというケースが多いです。その理由に思春期は体の発達が未熟であり、治療した後からさらにワキガの原因となるアポクリン腺が発達してしまうということもあります。そのため体の成長途中で手術して完治してもそこからの成長に伴い再発するリスクはあります。安全性に関しては保証されており、子供であることから危険ということはありません。費用に関しても多くの医院では年齢問わず一律であることが多いです。しかし治療が完了した後で再発すると再び治療も費用も必要になるため、負担は重なってしまいます。また手術のように外科的治療では組織への負担もあるため子供の頃に治療をするときは注射を 希望される方が多いです。注射はボトックスを注入することで発汗を止めることが可能となります。ワキガの原因はアポクリン腺からの皮脂の分泌であるため、それ自体が起こらないようにすることで改善が可能となります。注射では手術と違い、アポクリン腺自体は残ったままであり効果が薄れると再び発生するというケースもあります。しかし傷痕は小さいことと簡単にできます。また費用の面でも比較的安価でできることからも不安要素は少なくてすむと言えます。また子供の中でも高校生の年齢で治療を希望する人が多い傾向にあります。高校生の年齢は特に代謝も盛んであり、汗もかきやすいです。そのため特に臭いを発しやすいことと体臭を気にする年代であるため希望者が多いです。方法に関しても高校生では塗り薬を希望する人も多い傾向にあります。注射は定期的に受診が必要になりますが塗り薬では処方を受けて家でもできることがおおきいと言えます。ワキガら年齢問わず発生しますが、年齢に応じた治療を選択することが大切となります。

 

トップページへ