制汗剤の正しい使い方

汗をかくことで臭いが気になる方も多いのではないでしょか。特に暑い季節には蒸れる事で臭いが増し、特に気になる季節です。そんな時に助けてくれるのが制汗剤です。今では定番の制汗スプレーを始め、クリームタイプの物や制汗シートなど、様々な商品が販売されています。しかし、どんな優秀な制汗剤を使用しても正しく使わなければ効果は発揮しないどころか、余計に臭いが増す原因にもなりかねません。制汗剤のタイプ別に正しい使用方法を説明していきます。
まず、一番身近な制汗スプレーですが、汗をかいた場所に濡れたまま使用しても意味がありません。一番おすすめな使用するタイミングは汗をかく前に使用することです。汗をかいた後に臭いが増すのは汗そのものが臭い訳ではありません。汗をかくことで菌が増殖し、それが原因で気になる匂いに繋がるのです。汗をかく前にスプレーで予防しておけば臭いの元をブロックすることが出来るのです。汗をかいた後に使用する場合には清潔なタオルでふき取るか、制汗シートを使用した後、スプレーすると良いでしょう。肌が一番清潔な状態であるお風呂上りに使用しておくこともおすすめな使用方法です。
制汗シートは手軽で使用する方も多い制汗剤の一つでしょう。しかし、単体で使用しても大きな効果は期待できません。一番効果的な方法は制汗スプレーと併用する方法です。汗をかいた後、まずは制汗シートで汗を拭きとり、その後でスプレーを使用します。こうすることでより気になる匂いを防ぐ事が出来ます。
い密着力と持続力で人気のクリームタイプもスプレータイプと同じく肌が清潔な状態で使用します。他の制汗剤などと混ざった時のことを考えて、なるべく無香料タイプのものを使用すると良いでしょう。また、直接塗り込むものになりますので無添加タイプのものを選ぶとより良いでしょう。ただクリームタイプは殺菌作用などが高すぎるため、臭いが強くない方にはあまりおすすめできません。

 

トップページへ