汗臭いニオイを消す為の内側からのケアとは?

汗臭いニオイを消す為の内側からのケアとは、ズバリですが腸内環境を整えることです。一見すると汗と腸内の状態などは、全く関係がないと考えますが、実は密接な関係があります。

 

見えないだけ気を抜きやすい腸内ですが、悪臭のもとになる物質がおなかの中に蓄積すると、腸内はそれだけ汚れた状態です。血液にも良くない影響を与えるので、更に悪臭物質は増えますし、悪玉菌の勝利のよう状態になります。

 

肝臓では既に解毒も間に合わなくなりますので、行き場を失った悪臭のもとになる物質は、血管へと入り込み、血液とともに体全体をめぐります。こうして排泄されるために、臭い臭いが体中から漂うという結果です。内臓器官における機能は低下をしていくので、免疫力も低下していくため、雑菌の繁殖もひどくなり、よりニオイはきつくなります。
肉中心の食事は大腸を汚し、質の良くない血液が作られて、臓器の働きも低下して免疫が下がり、皮膚常在菌も弱くなって、ニオイはひどくなるのが流れです。

 

しかしこうした汗臭いニオイを消すための方法はありますし、内側からできるのが、腸内の乱れた状態をリセットする方法です。日頃の食事の影響で人間の腸内は良くも悪くもなりますので、食べ物と向きあうのが良い方法です。ニオイがきつい状態は、お腹の中で悪玉菌が猛威を振るっている状態ですから、食べ物を意識して善玉菌を増やしていきます。

 

便秘解消ともに似ている部分はありますが、すぐに思い浮かぶのはヨーグルトなどです。ただヨーグルトはメインディッシュにはならないので、善玉菌の餌になる、増やす働きがある栄養を摂取することです。排便を促すのも先決であり、さらに善玉菌の餌にもなってくれるのは、食物繊維を多く含む食材です。

 

サプリメントでの摂取も良いですし、普段の食事には食物繊維が多い食材を加えます。豆類やさつまいもなどのイモ類は、不溶性食物繊維を多く含みます。きのこやバナナなどは、水溶性の食物繊維が多いですから、バランスよく食べるようにします。

 

トップページへ