汗臭くならない為の予防方法

汗臭い原因は様々な理由が考えられ、汗が出てからの対処法もありますが、普段から予防する事により汗の臭いはだいぶ抑えられます。あまり意識をする事はありませんが、食事と汗や体臭は密接な関係があり、予防方法としては食生活を見直す事から始まります。臭いの元となる食事は、脂質の多い食べ物で例えば天ぷらやスナック菓子が該当します。加工食品はお菓子や化学調味料などがあります。また臭いが強い食べ物として、にんにくやニラなどがあります。これらの食物を食べ過ぎると、体からキツイ臭いを発する事になるので取り過ぎない様にする事が大切です。特に油っぽい食物は皮脂の分泌が増え皮膚の上で酸化して更に嫌な臭いを発するので注意が必要です。決して食べていけない事はありませんが、出来ればバランス良く特に緑黄色野菜を多く摂取すると良いです。緑黄色野菜に多く含まれている抗酸化物質は、体の皮脂の酸化を抑え臭いの原因となる元を断ってくれます。
次の予防方法としては、入浴する際はシャワーだけで済まさず湯船に浸かる様にします。シャワーだけでは体臭や汗臭い原因物質が体に残留しやすく、いくら体を洗っても臭いが直ぐに出てしまいます。最低5〜10分でも良いので湯船に浸かり体を温める事が大事です。温められると老廃物が体外に出て行くため体臭予防としては効果が高いです。また、頭部のシャンプーも大事になり頭皮は特に臭いを発する部位なので、頭が汗臭くなるのは蒸れたり代謝したりするのが原因です。特に後頭部や耳の後ろは丁寧に洗う事が必要です。
最後の予防方法としては、汗をかいた時に直ぐにふき取る事です。実は汗自体が臭いを凄く発している訳ではなく、汗が出た周囲にある老廃物と雑菌が混ざり繁殖する事により汗臭い原因となります。雑菌には特有の臭いがあるので汗をかいた時は放置しないで、直ぐに拭き取る事が大事です。市販の汗拭きシートなど効果があるのでそれで十分です。また汗を抑えるスプレーやクリームも市販されているので、予め塗っておくのも予防方法としてあります。

 

トップページへ