ワキガチェック方法

ワキガというのは周りの人は気づいても、本人は気づきにくい事が特徴です。
ただ、ワキガかもしれないという不安があるのであれば、チェックリストを参考に、ワキガの可能性があるかどうかを確認し、可能性があるのであれば、対策を始めておく事がおすすめです。
ワキガチェックをする時に確認しておきたいのが、両親がワキガかどうか、耳垢が湿っていないかどうか、汗ジミが黄色くないかどうか、毛深くないかどうか等の項目です。
ワキガの臭いというのはアポクリン汗腺から出た汗に細菌が繁殖した時に発生するものです。
このアポクリン汗腺がない人は、ワキガになる事はありません。
アポクリン汗腺というのは遺伝をしやすく、両親共にワキガではないのであれば、アポクリン汗腺がある可能性は低く、両親ともにワキガであれば、アポクリン汗腺がある可能性が高くなります。
アポクリン汗腺から出た汗は衣類に黄色いシミを残しやすく、脇等の黄ばみが気になるようであれば、ワキガの可能性が高くなります。
更に、耳にもアポクリン汗腺が多く耳垢が湿っている場合も、ワキガの可能性があります。
こうした特長に当てはまる事が多ければ、出来る対策をしておく事が有効です。
現在は、ワキガの臭いを軽減させるクリームが販売されており、手軽に対策を行う事が出来るようになっています。
ただ、こうした確認方法はあくまで可能性があるかどうかを確認する為のもので、本当にワキガかどうかを確認したいのであれば、病院に行く事がおすすめです。
病院に行く事に抵抗があるという人もいますが、病院に行く事で、ワキガかどうかを知る事が出来るだけでなく、治療を受ける事が出来るようになります。
重度のワキガの場合、クリーム等の対策では悩みが解消しない可能性もあります。
そんな重度のワキガの人でも、適切な治療を受ける事で、その悩みを解消する事が出来る可能性が出てきます。
ですから、ワキガのチェックリストに当てはまる事が多ければ、病院に行ってみる事がおすすめです。

 

トップページへ