汗の臭いが気になる方にお勧めする毎日のケア方法

これからの季節、気になるのは汗の臭いです。汗臭い原因についてまとめました。汗は体の体温調節には欠かすことができませんが、臭いのある汗とそうではない汗の違いには汗の出る線の違いがありました。
まず、臭いのない汗は「エクリン腺」という汗腺から出る汗です。サラッとした感触の良い汗とも言われています。成分の約99%が水分なので蒸発しやすく、雑菌が繁殖しにくいという特長を持っています。
臭いのある汗は「アポクリン線」から出る汗です。こちらはアルカリ性が強いので、雑菌の餌になりやすいのです。ベタベタした汗でいつまでもじっとりと肌に張り付いたような感触の汗です。
実はこの汗は運動不足の人がかきやすいとも言われています。運動不足の人は血液中の刺激臭が一緒に出てしまうのできつい臭いの汗になってしまいます。
そうならないために必要なことは有酸素運動です。代謝が上がり、老廃物の排出がうまくいくためサラサラに汗に変わってきます。でも、運動が大変という人もいます。その場合には「汗腺を鍛える」方法があります。
「汗腺を鍛える」方法はお風呂に15cmほど42℃くらいのお湯を張ります。そこに15分ほど手と足をつけて、じっくりと汗をかくようにします。この方法を続けるとベタベタしていた汗がサラサラの汗に変わってきます。汗腺は鍛えられると「エクリン腺」からの良い汗をかけるように変化します。
お風呂から出た後に扇風機に当たるのも実はNGです。汗腺が休んでしまうからです。汗がなかなかひかないときにはうちわで仰ぐ程度がちょうど良いです。汗はタオルなどで押さえて拭くようにしましょう。そうすることで汗腺が開き、鍛えているのと同じような効果を得ることができます。
食事にも気を配ることで汗の臭いは軽減させることができます。肉など動物性たんぱく質が多い食事は腸内で分解されたときにアンモニアを出します。すると汗をかいたときにその臭いが一緒に出てきてしまいます。大豆製品を多く摂ると発汗を調節する機能があります。

 

トップページへ