ワキガは遺伝するって本当!?しない方法ってあるの?

気になるワキガの主な原因は、1つ目は遺伝子によるものだと言われています。もともと親の汗腺が多いと、子供の汗腺も多くなり、ワキガになる確率が上がるのです。このような遺伝子によるものはどうしようもないのですが、残りの半分の原因は予防することができます。しない方法として挙げられることは、食生活に気をつけて洗浄方法を正しく理解するという、日常生活のなかで簡単に対策できるものたちなのです。まず、食生活についてです。親子は食生活が同じなので、親の乱れた食生活が子供にも影響しワキガの原因となることがあります。スパイスや香辛料など、過度な刺激物の摂取はなるべく避けるようにしましょう。また、油分や塩分の摂り過ぎもワキガの原因となります。食卓に味の濃い食事や、揚げ物などがよく上がっている家庭は要注意です。端的に言えば、野菜中心のバランスのよい食生活が理想という訳なのです。ワキガ対策だけでなく、健康や美容にも効果的なのでぜひ実践してみてください。また、臭いが気になるからといってバスタイムにワキをこすって洗ったりするのは逆効果です。反対に、デオドラントスプレーなどをきちんと落とし切れていないのも良くないです。落とし残しが毛穴に詰まり、さらなる臭いのもととなります。なので、ボディーソープもしくは専用のソープをよく泡立てて、丁寧にワキを洗浄するようにしましょう。他にも、しない方法として気をつけるべきポイントはいくつかあります。汗をかくのを避けるのではなく、積極的に体を動かして汗をかくようにしましょう。普段から汗をかいていれば、代謝が良くなるので臭う汗ではなくサラサラの汗になります。また、ストレスを溜めないことも大切です。適度にスポーツをしたりして上手に発散していきましょう。以上のようなポイントに気をつけることで、親のワキガか子供にも遺伝することを防ぐことが可能です。また、症状が軽くなることもあるのでぜひ実践してみてください。

 

トップページへ