ワキガ手術をする前に知っておきたい事

ワキの臭いに悩んでいる方にとって症状を完全になくすにはワキガ手術が必要な場合がありますが、治療や手術を受ける前に治療にかかる値段や複数の治療方法があるかという事を確認しておく必要があります。
保険が適用されるワキガ治療としてはワキガの原因ともなるアポクリン腺を除去する手術が最も効果的といわれており、適応される条件が満たされれば比較的手頃な価格で受けることができます。
また、メスを入れる手術の場合は手術跡が残る可能性があります。手術跡が残らない方法もありますが、メンテナンスや汗腺の取り残しが多くなる可能性などのデメリットがあります。手術後に傷跡が残るかどうかは手術を担当する医師の経験と腕にかかっている部分も大きいため、事前に担当医師の実績などを確認しておくようにしましょう。
手術の方法によっても異なりますが、医師の経験や腕が結果に左右されやすい剪除法ではアポクリン腺の取り残しがあると、臭いが再発する可能性があるといわれています。そのため手術を受ける前には、どの程度再発する可能性があるのか確認しておくことも大切です。アポクリン腺の取り残しがあると、手術をしても臭いが消えないという可能性もあります。これは手術で全ての汗腺を取り除くことはほぼ不可能であるからといわれています。全ての汗腺を取り除くことは不可能であっても、アポクリン腺を取り除くことでワキガではない人と同じくらいの臭いになるので臭いに悩んでいる方は手術を受ける意味は十分あると考えられます。
手術ではアポクリン腺だけでなく普通の汗を出すエクリン腺も一緒に取り除くことになるので、ワキ汗の量が減りますが他の部分の汗の量が増える代償性発汗という症状が起こる場合もあります。汗の量は個人差があるので実際に手術を受けてみなければ分かりませんが、ワキガ手術前には医師から説明をきちんと聞きこれらのリスクを納得した上で、手術を受けるようにしましょう。

 

トップページへ