ワキガにはオロナインが有効って本当!?

私たちに身近なオロナイン軟膏はニキビや吹き出物などの肌トラブルから軽度のやけど、しもやけや傷、あかぎれ水虫からたむし、いんきん、しらくもなどが効果効能としてあげられています。
オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液と呼ばれる殺菌成分です。
このクロルヘキシジングルコン酸塩液の殺菌成分はおもに皮膚などの消毒に使われる殺菌剤ですが特にグラム陽性菌に対しての効果が高いとされています。
ではワキガとオロナインはどのような関係があるのか、それはまずワキガのメカニズムに迫ることからはじめます。
ワキガというと汗が臭うイメージがありますが実は汗自体が直接この臭うわけではありません。
この問題に悩まされる方はアポクリン腺と呼ばれる汗腺がそうでない方と比較してそのサイズも大きく、量も多い傾向にあります。
この汗腺であるアポクリン腺から出る汗はたんぱく質や脂質などの有機物をたくさん含んでいます。
ワキガの臭いはそれを皮膚常在菌が分解することで発生するのです。
汗の臭いはこの汗を分解する菌が大きく関わっているのがわかります。
さらには汗を分解する菌がワキガ菌すなわちコリネバクテリウム属の菌で、実はグラム陽性桿菌なのです。
ということは先にあげたようにオロナインの殺菌成分がグラム陽性菌に有効ということを重ねればワキガ菌にも有効ということが期待されます。
ですからオロナインを塗ることで殺菌されワキの臭いの発生を抑えることができますが働きは限られた時間内であることも把握しておく必要があります。
オロナインはやはりクリームなので一般的なワキガ商品と比較すると殺菌力が短い傾向にあり塗り直しが必要です。
しかし殺菌効果に加え保湿効果のあるオロナインは洗浄過剰気味にある脇に保湿効果を与え肌荒れ予防に最適な働きをしてくれます。
軽度なワキガに悩まされている方には生活改善とともにオロナインも効果的に働いてくれる期待がもてます。
軽度ではない方は専用の予防対策商品とうまく使い分けて行く必要があります。

 

トップページへ